TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
      

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

子ども部屋から見える親子の力関係って?

お越しいただきありがとうございます。

片づけを学ぶ会 
案内人一号のライフオーガナイザーまさよです。 



今日は子ども部屋のお話。
小学生のお子さんメインのお話です。


どんな部屋にしたいかな?


子ども部屋をお持ちのお子さんに聞いたことありますか?
家庭訪問をする学校の先生や家庭教師をしている方が子ども部屋を
見ると、
親子のパワーバランスが分かるそうですよ。



お子さんにどんな部屋にしたい?と聞いたら、
親の思いとは正反対のことを言う。

子ども部屋は親の意向で作り上げる

子どもはどこに何があるのか分からない

片付けられない

部屋が雑然となる

それを見た親は「片付けなさい!」
と言ってしまう・・・



一方で、もう子どもに全てまかせてしまったから~

親は全く手を付けないということもありますね。


最近はプライバシーとよく謳われておりますが、
同じ屋根の下にある子ども部屋です

親が全く把握できないのは、どうでしょう?


プライバシーを大事にすることと、
子ども部屋を自由に与えるのは違います!


家の持ち主は親!
そこはしっかり考えていきましょう。



もし、親子で作りたいと思っている子ども部屋にギャップがあるなら、
一度しっかり話し合ってみてください。
お子さんも自分の意志はあります。


親子で同じ目標に向かって、部屋作りをすることで、
今までとは違う空気が流れるかもしれません!




【お片付けを学ぶ会】では、
子ども部屋に悩む親子を対象に
夏休み特別企画も考えております。
お楽しみに~




その前に、6月は梅雨に合わせて、
食品の管理【冷蔵庫】
をテーマに開催します。


6月の活動日
6月13日(水) 10時から11時30分
千間台記念会館 和室




整理収納アドバイザー 渡邉眞理
ライフオーガナイザー まさよ

の2人で進めて参ります。
皆様のご参加をお待ちしております!
スポンサーサイト

 忙しいからこそ整理をする

こんにちは

【お片づけを学ぶ会】
案内人 わたなべ まり です。

ようこそ!
当ブログへお立ち寄りくださりありがとうございます。


忙しい子育てママさん達へ

忙しいからこそ、お部屋の中にあるモノを把握して
使いやすい収納にすることが大事なんですよ!というお話です。

家族の中で、お母さんの役割はいろいろありますが
お母さんはおうちのコンシェルジュ。

あれ どこにあるの?

と家族みんなから聞かれること たくさんありますよ
ね。

そんな場面で

A:すぐに聞かれたモノの場所を答えることができますか?

B:たしか・・・あそこにあったはず・・・と、探しますか?

A と 答えられるならば、OK。
『あっそれなら、
あなたの部屋のクローゼット上から2段目の引出しにあるわ』

具体的に答えることができるので、
あとは聞いてきた本人が指定の場所を探せばみつかります。

B と 答える方は がんばりましょう!

『えっと、どこだっけ、お母さんが探すわ』

これだと、そのモノがみつかるまで、
お母さん自身が探すことになってしまいます。

AとBの違いは
探しモノをする時間です。

一日はみんな平等に24時間しかありません。

モノの定位置が決まっていれば、
Bと答えたお母さんも探し物をする時間がなくなります。

自分の好きなことをする貴重な時間が増えるか、減るか。

たかが、探し物
されど、探し物

1日に10分必ず探し物をする人は
1年に3650分 探しています。

1年に 丸2日と13時間
ずっと探し物をしている時間になるんです。

こうやって数字にすると
なにげない時間が、もったいなく思えてきませんか?

探し物をする時間が確実に減ります!

1日 10分 探しモノをするより
片づける習慣づけをお勧めします。

お子さんがいて、まとめて時間がとれない環境でも
1日 10分ぐらいなら なんとか継続できると思います。

・もう使っていないものはないかな~
・リサイクル屋さんへ持っていけるものはないかな~

などと
おうちにあるモノをシェイプアップする時間を持ってみましょう。

1日にたとえ5つでも、不要品が減っていけば
ひと月後には、なんだかすっきりとしてきますよ。

一度に全部やろうとせずに、
コツコツと積み重ねる方法もあります。

無理なくお片づけしてみてくださいネ。


◆ここまで、お読みくださりありがとうございました◆

サークルの次の活動は
6月13日(水)10時~11時半
千間台記念会館 和室   です。
梅雨に入りますので
冷蔵庫をテーマとしてお話を進行します。



案内人 ライフオーガナイザー まさよ
      整理収納アドバイザー 渡邉眞理

一方通行の講座ではない
座談会形式のお気軽な会です。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。


5月の【お片づけ学ぶ会】終了しました

 お越しいただきありがとうございます。
【お片づけ学ぶ会】案内人のライフオーガナイザー まさよです。



昨日、新しい会員ママさんをお迎えしてのサークル活動がありました。
小さいお子さん連れでいらっしゃるママさんには感動すら覚えます。
家を何とかしたい!自分自身を何とかしたい!
そういう思いを持ち、参加される行動力は素晴らしいです。
そして・・・かわいいお子さんを見ると、本当に癒されます☆
気持ちは母というよりはおばあちゃんかも!?


小さなお子さんがいても、自分の好きなことは続けたい!
これは、どのママさんにも共通することではないでしょうか?

子どもがいるからあきらめる。
子どもがいるから我慢する。

子どもの成長はあっという間だから、その間は子育てに専念しなさい!
と仰る方も多いことでしょうが、あっという間と思うのは、その期間が終わった人が言えること。
真っ最中のママさんにとって、今この瞬間があっという間なんて思えないのです。


いつまで続くかわからない子育てに不安を抱く中、やりたいこともままならない。
先の見えない不安に駆られ、不安を解消するようにモノが増えていく。
私もそうでした。


ですから、我慢しないで出来ることを考えていきましょう。
片づけの始まりは、気持ちの整理から。
自分がどうしたいのか?
よーく考えていくと、家の中をどうしていきたいのか見えてきます。


子どもがいてもスッキリ暮らしたい!
子どもがいても、好きなことは続けたい!
そして・・・子どもにはお片付け上手な子になってほしい!



いろんな思いを抱えたママさんたちと、これからも活動を続けて参ります!
一緒にお片付けしてまいりましょう。


来月以降の開催日です。

6月13日(水)10時から
7月18日(水)10時から


いずれも、千間台記念会館 和室です。


皆様のご参加をお待ちしております。






 捨てられない

 こんばんは
 
本日もお越しくださりありがとうございます。 

片づけを学ぶ会@越谷
 案内人2号の渡邉です。


捨てられない・・・

片づけのご依頼をいただいた時に

よく聞くのがこの 捨てられなくて という言葉です。


実際に、お家の中を占領しているのは

・いただきもののお菓子の箱や海苔の缶
(とっくに賞味期限が過ぎていたりします)

・タオル・寝具カバー類

・陶器・食器類

親戚や知り合いからのいただきモノが多かったりします。


捨てられないという心理の後ろには

人からの気持ちがこもっているのでそれを大切にしたいという
依頼者さまの気持ちが隠れています。


こういった種類のモノをため込んでしまいがちな方は

人にもモノにもとても優しい方が多いです。


そんな方へのアドバイスのひとつとして

『少しだけ考え方を変えてみて下さいね。』
『これらを受け取った時点で、
差し出された相手方のお気持ちは
こちら側へきちんと届いていますよね』
『食べきれなくて賞味期限が切れていたら・・・
それはもう食べられない(処分品)で大丈夫ですよ』
『いただきモノを大切にするあまり、お部屋が狭くなってしまっては
依頼者様のご家族が心地よく過ごせないかもしれません』
『ご家族に一番の優しさを向けませんか?』

使えない・使わないモノよりご家族の笑顔を優先させましょう


どうでしょうか?

みなさまの中にも
捨てられないこだわりの品がいろいろあるかと思います。

そんな気持ちを他の人とシェアしてみると
新しい考え方に出会えたり、
他の人がどうしてるか知ることができます。


片づけを学ぶ会@越谷では
自由にお話する中で、いろいろな価値観に出会ったり
よそのお家ではどうしているかがわかります。

片づけるという行動は
思い込みとの決別でもある行為です。

プロに頼むと
え~!?っとなるのもその効果が大きいのですが
他の考え方や視覚的アドバイスで
ご自分では思いつかなかった収納方法なども
知ることができます。 

片づけに行き詰まっている方は
サークルへ遊びに来みませんか?

次回は5月16日(水)10時からです。

案内人 一号 ライフオーガナイザー まさよ
     二号 整理収納アドバイザー 渡邉眞理 

私たちがお待ちしています

 
たくさんの方のご参加をお待ちしていますね(^_^)/ 


衣替えしましたか?

お越しいただきありがとうございます。
案内人一号 ライフオーガナイザーのまさよです。



ゴールデンウイークが終わり、コチラでは半袖のお洋服が欲しくなる季節になりました。
大人でも薄着したいのですから、お子さんはもっと暑さを感じているかもしれませんね。


お子さんから「半袖を着て出掛けたい!」と言われて「まだ衣替えしていないから、もうしばらく待って!」と言ってませんか?
大きなクローゼットをお持ちで、オールシーズン衣替えなしでもOKなお宅なら特に問題はないのでしょうが、ある程度の衣替えが必要なお宅の方が多いのではないでしょうか?



日本の四季は美しいです。
反面、厚手のコートから半袖Tシャツまで、季節に合わせた服装を揃えなくてはならないという大変さもあります。



まだ、肌寒い日があるから衣替えはもう少し先でもいいのでは・・・と思うこともあるでしょう。
でも、ダウンのコートやウールのものは着ませんよね?


半袖もそろそろ必要、だけど長袖も必要。
着る物に迷う時期ですが、これから梅雨入りする前に衣替えをおススメします。


16日(水)の【お片づけを学ぶ会】では、衣替えについてのお話しもします。
それぞれに抱えたお家のお悩みも一緒に解決してまいりましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。











 もったいない神話

こんにちは
本日もお越しくださりありがとうございます。

片づけを学ぶ会@越谷 
案内人2号の渡邉です。

ゴールデンウィーも後半に入りましたね。
みなさまどんなお休みを過ごされているでしょうか。

なかにはご主人のご実家へ
帰省されていらっしゃるお嫁さんの立場の方もいますよね。

今回は世代によってモノとの関わり方が違うという例をご紹介します。


20代30代のお嫁さんは使わないモノはあっさりと手放すことができて
今の時代にあった便利グッズなどの情報もたくさん知っています。

事例)
ご主人の実家へ行き
台所のお手伝いをしている時に

・もう使っていないものばかり
よくこんなにたくさんとっておくわ!
・いったいどれだけ大家族なの?普段はお舅さんと2人じゃない!
・少し片づけを手伝おう・・・

そして
お姑さんに提案してちょっと片づけようと・・・

始めは汚れたり壊れたりしていた小物を処分し、
捨てることへ抵抗がないんだわ(^_^)という印象で片づけていき。

いよいよ増えすぎたお鍋やフライパンを整理しようということになり・・

お嫁さんが前から気になっていた
持ち手がとれているアルミの大鍋を捨てようとすると。

待って!!それだけは捨てちゃダメ!との声が。

『あの、使っているんですか?』と聞くと

もうめったに使わないけどまだ使えるでしょと返事が。

コンロ下の収納をみると
同じ大きさのステンレスの煮込み鍋がドーン

『お義母さん、これを使ってるんですよね』
そうよ


結局、嫁の立場ではそれ以上は強く言えず
そのアルミ鍋はそのままに。



どうでしょう。
嫁ではなくても、娘の立場で経験された方もいらっしゃると思います。

50代後半以上の世代にとって
モノを捨てるという行為は

モノを粗末にする
モノを大事にしない
もったいない

そんなイメージを抱くように躾けをされてきています。

果たして本当にそうでしょうか。

今の暮らしには様々なモノが溢れかえっていて
家という空間をかなりのモノに占拠されている現実があります。
新しいモノが生まれてくるサイクルも短く
買わずにはいられない社会です。

捨てることを躊躇していたら
人がくつろぐ空間がどんどん狭くなって
本来の家の役目を果たさなくなってしまいます。

少し、モノとの関わり方を変えて考えてみて下さい。

捨てるのに抵抗があるならば
本当にお気に入りというものしか買わないようにしましょう。
もう使っていない、使う予定の無いモノは
ありがとうと感謝して眠らせて(土に返す)あげてはいかがでしょう。

少し、ちがった方向からモノを眺めると
使わずに抱えていることの方がモノに失礼だったり
もったいないこと
だと思えてきます。

家中がモノで埋め尽くされて
どうやっても片づかないと嘆いているご家庭では、増えすぎたモノについてじっくり考えてみることをお勧めします。



片づけを学ぶ会では、
お片付けの仕方だけを考えるのではなく、
皆さんの持つモノとの付き合い方も一緒に考えて参ります。
使っていなかったモノの有効活用も思いつくかもしれません。


次回は5月16日(水)10時からです。


案内人 一号 ライフオーガナイザー まさよ
     二号 整理収納アドバイザー 渡邉眞理

一方通行の講座ではない
座談会形式のお気軽な会です。


たくさんの方のご参加をお待ちしております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。